Next Market
該当数
1

果物の加工技術等を導入してアグロビジネスを振興させたい

タジキスタン共和国

タジキスタンでは、農業は GDP 寄与度が 27%、労働人口の約 65%が従事する重要な産業である。旧ソ連時代には、綿花生産が 盛んだったが、独立以降、国営農場の解体や農地の細分化、営農 の自由化に伴い、野菜や果物といった園芸作物の生産も伸びてい る。主な輸出用の園芸作物は、玉ねぎ、トマト、ブドウ、アプリコット、りんご、メロン等であり、なかでもドライアプリコット は生産高世界一とされ、ロシアのみならず EU や米国にも市場が ある等、今後綿花に代わる輸出品として有望とされる。 他方、生鮮アプリコットは、傷みやすいため、ドライアプリコ ットやピュレーに加工するには早期の適切な処理が重要であるも のの、冷蔵・貯蔵施設の不足、基本的な選別・処理方法を含め収 穫後処理、加工技術課題があり、生産高や隣国の市場ニーズに比 して輸出量が伸びていない状況である。 タジキスタン政府は、2016 年~2030 年までの国家開発戦略において、アグロビジネス振興を最重要課題のひとつとして掲げている。なお、タジキスタンのみならず、同じくソ連から独立し、農業が主要産業であるキルギス共和国、ウズベキスタン共和国といった中央アジア地域の国々においても、類似の開発課題があることが確認されている。 中央アジアの最貧国(一人当たり GNI は 1,110 ドル(2016 年、世界銀行))であり、ODA 事業を含めた農業分野の協力に繋げる可能性も検討している。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・アプリコットをはじめとする加工用果物(ドライフルーツ、ピュレー等)の収穫後処理・加工(選別・洗浄・乾燥・保管等)のための各種製品・設備、メンテナンス指導、現地における O&M 体制
関係機関

農業省

想定エリア

ハトロン州、ソグド州

広告代理店
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者
経営者