Next Market
該当数
1

廃棄物の中間処理のための焼却施設を設置したい

メキシコ合衆国

メキシコ市では年間約 500 万トンの一般廃棄物を収集し、うち約 6割を最終処分場4ヵ所にて埋立処分しているが、最終処分場は 他の自治体にあり、輸送コストが高額であることが問題となって いる(遠い場合の輸送距離は約 100km)。また、一部処分場は満杯のため閉鎖され、近隣で最終処分場を確保するのが困難になっ ており、埋立処分する廃棄物の量自体を減量する必要に迫られて いる。そこで、メキシコ市は市内数カ所に、中間処理のための焼却施設を設置する検討を進めており、本製品は同市の廃棄物処理事業で使用することを想定する。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・焼却炉 留意点 ・「環境保護と環境バランスに関する一般法」や、「NOM-052-SEMERNAT-2005 特性、識別のプロセス、分類による有害廃棄物」、「NOM-085-SEMERNAT-2011 燃焼装置・間接加熱装置による最大許容大気汚染レベルと計測方法」等の基準の順守が必要。 ・1日当たりの処理能力:720~1,000 トン。 ・焼却炉に廃熱エネルギーを活用した発電等の機能があり、ごみ処理事業の採算性を高められることが望ましい。 ・一定のごみ量・ごみ質の確保、財務面も含め適切な運営維持管理体制が確保されていることが前提条件。
想定される技術・製品
関係機関

メキシコ市公共事業局

想定エリア

メキシコ市

経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳