Next Market
該当数
6

慢性的な交通渋滞するための技術・製品

メキシコ合衆国

メキシコ市は慢性的な交通渋滞に悩まされており、2016 年の TomTom 調査では、信号を通過する平均時間が非渋滞時の通過時間よりも 66%増 と示している(午前ピーク時 96%増、午後ピーク時 101%増)。また、 2017 年の INRIX 調査によるとメキシコ市の自動車通勤の週平均時間は、 58 時間と示され、世界 1,360 都市中ワースト 16 位となっている。 メキシコ市は対策として、地下鉄やメトロバス等の公共交通機関、シェ ア自転車等の代替交通手段の拡充を図っているが大きな成果は現れてい ない。 メキシコ国内の他主要都市でも交通渋滞が深刻化しており、INRIX 調査 によると自動車通勤の週平均時間は、グアダラハラ市 32 時間、モンテレ イ市 30 時間、トューラ市 28 時間、グアナファト市 27 時間、プエブラ市 25 時間、ケレタロ市 23 時間とされ、以上より、当国主要都市における交 通渋滞緩和に資する技術・製品の導入が求められている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高度交通信号制御システム ・交通渋滞を緩和する技術・製品
関係機関

メキシコ運輸研究所、メキシコ市交通省、Secretaría、Instituto

想定エリア

メキシコ市、ハリスコ州グアダラハラ市、ヌエボ・レオン州モンテレイ市、イダルゴ州トューラ市、グアナファト州グアナファト市、プエブラ州プエ、ケレタロ州ケレタロ市

英語 翻訳・通訳
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
越境ECコンサルタント
経営者

新生児用人工呼吸器の導入で救命率向上や負担を軽減したい

メキシコ合衆国

メキシコにおける 5 歳未満児死亡率は、1990 年以降順調に減少 しているものの(対出生 1,000 人に対し 16.7 人)、2012 年の 5 歳未満児死亡数 34,732 人のうち、8 割以上にあたる 29,050 人が 1 歳未満児で、うち約 6 割が生後 28 日以内の新生児である。また、 1 歳未満児の死亡原因を見ると、呼吸困難等の低体重出生後の時 期に派生する原因が半数を占め、貧困指標の高い地域においては、 貧困指標の低い地域に比べ、同原因による死亡率が 2 倍になって いる。 MDGs の成果として 5 歳未満児死亡率の削減達成が挙げられる 一方、新生児死亡率の高さが際立つ課題として依然残っている。 また、最貧世帯と最富裕世帯、地域間の格差問題は、MDGs では 達成できなかった課題として残っており、墨政府は『国家保健プ ログラム 2013-2018』の中で「社会的身分や地域差がもたらす医 療格差の解消」を目標の一つとして掲げ、その具体的行動計画と して「新生児及び 5 歳未満児に対する医療サービスの質向上」を 設定している。 新生児治療にあたるメキシコの国立病院では、人工呼吸器はある程度整備されているものの、機材の老朽化が顕著であり、想定機材を活用することで、救命率向上や患者への負担軽減による医療サービスの質向上が期待される。 (出典:メキシコ国立統計地理情報院(INEGI)、国家保健プロ グラム 2013‐2018) ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高頻度振動換気(HFO)機能付多機能型新生児用人工呼吸器
関係機関

保健省

想定エリア

メキシコ市

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
マーケティング
越境ECコンサルタント
経営者
広告代理店

水処理の過程で発生する汚泥を有効利用したい

メキシコ合衆国

メキシコ国バハ・カリフォルニア州は、米国との国境地帯にありマキラドーラ産業(家電産業等)が発達しており、農業(ワイン用ブドウ、野菜、花卉栽培)や観光業も盛んな州である。同州ティファナ市とエンセナーダ市においてそれぞれ 13 か所、5 カ所の下水処理場が運営されており、全ての処理場で汚泥処理を行っている。水処理の過程で発生する汚泥は濃縮、脱水し、処理済汚泥はそれぞれビスタ・デル・バジェ、ナランホ各下水処理場へ運搬され、同処理場の敷地内に埋め立てられている。敷地の埋め立て量にも限りがあり、資源の有効活用の観点から汚泥の有効利用が求められる。 一方、首都のメキシコ市においては、下水処理場が 26 カ所あるが、汚泥処理施設が整っている処理場は 6 か所のみで、濃縮機、脱水機の稼働率は低く、ほとんど汚泥処理がなされていない状態にあ る。同市の急速な人口増加、都市化により、下水処理場の大半が住宅地域に取り囲まれており、発生汚泥をそのまま下水管に放出していることにより、衛生環境上の問題も懸念される。 ■活用が想定される技術 ・汚泥処理技術・ノウハウ (汚泥の有効利用に係る技術(土壌活性剤、住宅建設用資材等)
関係機関

ティファナ上下水道公社(CESPT)、エンセナーダ上下水道公社(CESPE)、メキシコ市水道公社(SACMEX)

想定エリア

メキシコ市、バハ・カリフォルニア州、ティファナ市、エンセナーダ市

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
広告代理店
経営者
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント

【地震対策】建物の維持管理診断を目視検査から非破壊検査器へ

メキシコ合衆国

2017 年 9 月19 日に発生したメキシコ中部地震(M7.1)により メキシコ市を中心に 360 名以上の犠牲者を出し(うち 228 名はメ キシコ市内)、鉄筋コンクリート建築の建物が被害を受けた。残った建物の中には、目に見える被災結果はないものの、1985 年に発生したメキシコ大地震(M8.1)及び 2017 年 9 月の地震等を経て、地震のダメージが蓄積されている可能性が高い。また、メキシコ市は湖を埋め立てた場所に位置し、土壌の塩分や湿気が年月を経て建物に伝わり、鉄筋の酸化や劣化が進んでいることも想定 され、早期に適切な点検をすることが望まれる。 メキシコでは、建物の地震被害検査を含め、維持管理目的の検査で非破壊検査器等の機材が使用されることは殆どなく、目視検査が一般的である。想定機材を活用することで、地震後残った建物の診断の質向上が期待される。 また、想定機材は高架道路や橋梁等の維持管理にも活用されることが期待できる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・非破壊検査器
想定される技術・製品
関係機関

保健省、教育省、メキシコ市政府、国立防災センター

想定エリア

メキシコ市

英語 翻訳・通訳
経営者
マーケティング
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント

廃棄物の中間処理のための焼却施設を設置したい

メキシコ合衆国

メキシコ市では年間約 500 万トンの一般廃棄物を収集し、うち約 6割を最終処分場4ヵ所にて埋立処分しているが、最終処分場は 他の自治体にあり、輸送コストが高額であることが問題となって いる(遠い場合の輸送距離は約 100km)。また、一部処分場は満杯のため閉鎖され、近隣で最終処分場を確保するのが困難になっ ており、埋立処分する廃棄物の量自体を減量する必要に迫られて いる。そこで、メキシコ市は市内数カ所に、中間処理のための焼却施設を設置する検討を進めており、本製品は同市の廃棄物処理事業で使用することを想定する。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・焼却炉 留意点 ・「環境保護と環境バランスに関する一般法」や、「NOM-052-SEMERNAT-2005 特性、識別のプロセス、分類による有害廃棄物」、「NOM-085-SEMERNAT-2011 燃焼装置・間接加熱装置による最大許容大気汚染レベルと計測方法」等の基準の順守が必要。 ・1日当たりの処理能力:720~1,000 トン。 ・焼却炉に廃熱エネルギーを活用した発電等の機能があり、ごみ処理事業の採算性を高められることが望ましい。 ・一定のごみ量・ごみ質の確保、財務面も含め適切な運営維持管理体制が確保されていることが前提条件。
想定される技術・製品
関係機関

メキシコ市公共事業局

想定エリア

メキシコ市

広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
経営者

都市部街灯の省エネ化を推進する

メキシコ合衆国

メキシコ政府は持続可能で包摂的な発展を目指し、温室効果ガス排出量削減の目標値(2020 年まで 2000 年比で 50 %の温室効果ガス排出量の削減)を掲げるが、これを達成するためには、特に人口の集中する都市部における省エネ化が緊急課題一つとして挙げられている。そこで、都市部街灯の省エネ化(既存街灯を LED照明に交換)を国家事業として 、関係機関が連携して取り組んでいるが、本製品は同事業で使用することが想定される。また、都市部で急速に増大するコンビニエンスストア(全国で約1万店)等の小規模小売店舗におけるエネルギー消費削減の実証試験を通し、国の開発戦略に貢献する。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・太陽電池式街路・道路灯(LED)、天井用 LED ランプ、蛍光灯型LED
関係機関

エネルギー省(SENER)、省エネルギー委員会(CONUEE)、電力公社(CFE)、公共事業サービス銀行(BANOBRAS)、メキ

想定エリア

メキシコ市

越境ECコンサルタント
マーケティング
広告代理店
経営者
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務