Next Market
該当数
3

農産物の付加価値を向上させて農業を多様化したい

マラウイ共和国

農業はマラウイの国内総生産(GDP)の約 28%、外貨収入の 80% 以上を占める基幹産業である。総労働人口の約 80%が農業セクタ ーに従事しているが、天水に依存した農業に従事しており、灌漑開発も進んでおらず農業生産性は低い。農業従事者の大部分を占 める小規模農家は、市場に対応した生産活動を行えておらず、そ の販売交渉力は極めて低いことから、依然低所得に留まっている。 マラウイにおける農業の産業化促進は、重点分野の一つとして掲 げられており、小規模農家の市場アクセス改善、農民組合の組織力強化、ビジネスマインドの醸成や一村一品への協力アセットを活かした農産物の付加価値向上を含む農業の多様化が、マラウイ における喫緊の課題である。 マラウイ産業省内の一村一品(OVOP)事務局については今後も、OVOP の普及員や地方の指導・普及員の育成を行っていく予定(OVOP 事務局は、付加価値局といった名前に最近変更)。OVOP事務局からマーケティング、販売、プロモーション等ビジネス部分を切り離したマルソユニオンが民間企業として設立されている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・高付加価値農作物の生産にかかるノウハウ ・品質管理及び供給・販売体制(グループ経営)にかかるノウハウ
関係機関

農業・灌漑・水開発省、産業省(一村一品)

想定エリア

マラウイ全土

コンサルタント
広告代理店
マーケティング
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
越境ECコンサルタント

高栄養価作物の栽培技術や食品加工技術などを導入して栄養不良を改善したい

マラウイ共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高栄養価作物の栽培技術(大豆等の豆類、葉菜・果菜・果実類等) ・小規模な動物性蛋白質生産技術(養鶏等の畜産・内水面養殖等の 水産技術) ・魚食普及に係るノウハウ ・簡易な食品加工およびポストハーベスト技術(伝統食品を活用した加工食品、乾燥・ 燻製技術、発酵技術等) ・簡易な流通ノウハウ・地方部でも導 入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な 冷蔵庫・冷凍車) ・多品目摂取に向けた啓発に活用可能な製品・ ノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

マラウイ全土

マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
英語 翻訳・通訳
経営者
越境ECコンサルタント
コンサルタント

再生可能エネルギーを導入して電力を安定させたい

マラウイ共和国

マラウイの電化率は南部アフリカで最も低く 10%(特に地方部で は 1~3%)と言われている。国内の発電設備容量は約 400MW であり、マラウイ湖から延びるシレ川流域沿いの水力発電所に依存 (総設備容量の 90%以上)している。水不足が電力不足に直結していることから特に乾季には停電が頻発している状況。発電設備容量の増設と電源の多様化、送配電網の増強、地方電化と課題は 多い。 ガスや石炭は自国算出が出来ず内陸国で調達コストも高い ため火力発電は実現性に乏しく、再生可能エネルギーに期待が高まる。2017 年に電力公社の発電部門を分社化し、シングルバイヤ ー、マーケットオペレーション機能を電力公社(送配電)に導入する等、電力セクター改革を行い、政府は IPP の参入、民間投資の推進を図っている。現在は改革後の電力公社の経営改善、キャパシティ向上も大きな課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 〈オングリッド〉 ・再生可能エネルギー(水力・太陽光・地熱・風力発電)を利用した発電事業 〈ミニ・オフグリッド〉 ・未電化地域における小/マイクロ/ピコ水力、太陽光発電を利用した電化事業
関係機関

天然資源・エネルギー・鉱業省、マラウイ電力公社、ESCOM、マラウイ発電公社、EGENCO

想定エリア

マラウイ全土、未電化地域

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
広告代理店
越境ECコンサルタント
マーケティング
経営者