Next Market
該当数
2

ホテルや商業ビルへ省エネルギー技術を導入したい

ベトナム社会主義共和国

2015 年 11 月 COP21 では、ベトナムを含む途上国に 2020 年以降の GHG 削減義務化が課される可能性が高く、ベトナムでは今後も GHG 排出量削減に取り組む必要性が生じる。経済発展が目覚ましいベトナムにおいて、民生部門は GHG 削減余地の大きいセクターであると考えられている。ベトナムではグリーン成長戦略を策定し、ホテルや商業ビルにおいても省エネルギー技術を導入を図ることとなっている。一方で、民生部門の省エネルギー機器の導入に関し、ベトナムにおいては市民レベルまで省エネの必要性が浸透している訳ではない。そのため、省エネルギーは経営効率化の一環として受け取られることが多く、短期(3−5年を想定)で投資回収が見込める省エネ技術の導入が課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・グリーンビル関連の省エネ技術等
想定される技術・製品
関係機関

MOIT(ベトナム商工省)

想定エリア

ベトナム全国、主要都市の方が需要は高い

広告代理店
英語 翻訳・通訳
経営者
家具・インテリア製品販売
コンサルタント
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
IT経営者
海外輸出、進出支援エキスパート
元商社

【気候変動対策】産業部門に省エネ製品・サービスを導入したい

タイ王国

タイでは 2015 年に発表した「Energy Efficiency Plan(2015-2036)」(以下、EEP2015)において、2036 年までにエネルギー消費原単位(GDP 比)を 2010 年比で 30%削減する計画であり、また、パリ協定国別貢献 NDC においては、2030 年にBAU 比 20%の GHG 削減を打ち出しており、省エネルギーの促進が急務となっている。 これまでエネルギー省が中心となり、エネルギー効率改善のための開発研究や省エネルギー推進のための普及活動は行われているが、省エネルギーに対する関心や省エネルギー技術への信用がそれほど高くないことなどにより、十分な省エネルギー成果はあがってこなかった。 エネルギー消費の大きい産業部門においては、省エネルギーが進んでいるのは一部の大企業で、中小企業ではいまだ効率の低い機器が多く使われているため省エネポテンシャルは高い。民生業務部門は、経済発展に伴い、商業施設やオフィスビル、コンドミニアム等における空調用エネルギーの増加が予想されており、この分野での省エネ推進が課題となっている。また、ホテル、病院などの給湯機器の高効率化の余地も大きい。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・産業部門製造プロセスの省エネ化に資するサービス・製品ビル・商業施設・コンドミニアム等の省エネ化に資するサービス・製品 ・エネルギー管理の適正化・高度化に資するサービス・製品
関係機関

エネルギー省(MOE)、エネルギー政策計画局(EPPO)、代替 エネルギー開発・効率化局(DEDE)、天然資源環境省(MONRE)、バンコク都(BMA)、タイ発電公社(EGAT)、首都圏配電公社(MEA)、地方配電公 社(PEA)

想定エリア

タイ全土

経営者
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
アセアン自動車コンサルタント
IT企業経営
医療コンサルタント
マーケティング
マーケティング
バイヤー
コンサルタント