Next Market
該当数
2

付加価値をつけた近代的農業を確立したい

ラオス人民民主共和国

ラオス政府は、農業政策の柱である食糧安全保障及び商品作物生産の振興のため、灌漑農業を振興し、関連施設(取水施設、ポン プ灌漑施設、幹線水路等)の整備を進めている。 ラオスの人口のうち農業に従事するものの割合は 7 割近くを占め ているが、近年は特に都市部において堅調な経済発展に伴い製造業やサービス業に従事するものが増えており、若者の農業離れが 進んでいる状況にある。 また、都市近郊の農家は農村部と同様に未だ自給的な農水産業を 営んでいるものが多く、生産は天候に大きく依存し、生産技術の 普及も十分行われておらず、品質、生産性共に低い。また農民組織の構築・運営が不十分で、農村金融や市場情報などへのアクセ スも限られており、市場志向型の農水産業の発展に向けて大きな障害となっている。このため、急速に発展しつつある都市近郊の農水産業を振興するため、生産から販売までを見越した、付加価値をつけた近代的農業の確立が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・生産から加工・販売(輸出含む)までを管理するフードバリューチェーン構築のための技術・ノウハウ ・農産物のブランディング、マーケティング、プロモーションに係る技術・ノウハウ ・灌漑施設の有効利用に関する技術・ノウハウ ・農業機械化・圃場整備に関する技術・ノウハウ ・内水面養殖技術に関する技術・ノウハウ
関係機関

農林省灌漑局、農林省畜水産局、ビエンチャン市農林局

想定エリア

ビエンチャン市

ファンドマネージャー
コンサルタント
バイヤー
広告代理店
マーケティング
越境ECコンサルタント
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
アセアン自動車コンサルタント

農畜産物の安定的な生産と市場競争力の強化に取り組みたい

ボリビア多民族国

ボリビアにおいて、農業は GDP の 14%、雇用の 32%を占め、農村部では 76.3%が従事する主要な産業である。東部の平原地域、とりわけサンタクルス県は国内農業生産量の 70%ほどを占め、農産物・畜産物が大規模・中規模農家を中心に生産されている。しかしながら、比較的生産量が安定している農家においても、農産物の流通管理やブランディングが不十分で、農産物の付加価値が低く、十分な市場競争力を持っていない。ボリビアが有する比較優位性を生かした農畜産物の安定的な生産および市場競争力の強化に取り組む必要がある。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・高付加価値農作物やスーパーフード・健康食品などの生産・加工に係るノウハウ ・フードバリューチェーン構築に係るノウハウ ・ブランディング、マーケティング、プロモーションに係るノウハウ ・パルシステムや選果機などの農業施設
関係機関

農村開発・土地省、生産開発・複合経済省、環境・水資源省

想定エリア

サンタクルス県

広告代理店
経営者
マーケター
マーケティング
スタートアップコンサルタント
営業
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳