Next Market
該当数
1

ポータブル超音波機器を村に持参して妊産婦の状況を適切に把握したい

ラオス人民民主共和国

ラオス政府は、2025年までのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成を目標とし、医療サービスの提供体制の改善に取り組んでいる。しかしながら、特に地方部においては貧困率が高く医療サービスの提供体制が不十分であるため、保健指標が低くなっている。このため、医療サービス質改善と医師・看護師など 医療人材育成が優先課題となっている。 しかし機材の老朽化や不足により、増大する患者のニーズや人材育成のニーズに対しては、十分に応えられていないのが実状である。また、地方部においては、熟練技術者による出産介助は、 都会の 90%に比して50%と低い(*LSISII, 2017)。このような背景により、自宅で出産する妊婦が多く、医療従事者が基本的な医療機器を携行し村の巡回訪問をより頻回に行い、妊産婦の状況把握することが必要とされている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ポータブル超音波機器等
想定される技術・製品
関係機関

保健省、病院、ヘルスセンター、保健局、プライベートクリニッ

想定エリア

ラオス全土

広告代理店
マーケティング
越境ECコンサルタント
経営者
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
IT企業経営
マーケティング
ファンドマネージャー
英語 翻訳・通訳