Next Market
該当数
1

茶生産地帯での機械収穫の導入

インド

一定規模以上の農場では収穫作業を季節労働者による手刈りで対応して きたものの、近年、労働者人件費の高騰により周辺地域からの労働者の 確保が困難になってきており、インド全土における安定的な生産量の維 持・拡大、生産性向上の制約になっている。労働集約的な慣行農法から 機械を活用した農法への転換が迫られつつある。これら農業機械は大農 家以外においてはコントラクターと呼ばれる機械保有者が収穫作業を請 け負い、使用時間に従って使用農家が費用を支払うという利用形態が一 般的。人件費高騰等による労働者不足は一部茶生産地帯でも見受けられ、機械収穫の需要が確認されている。 ■活用が想定されるプロダクト ・茶収穫機、茶木剪枝機、茶木両裾刈り機、モノレール
関係機関

農政局、園芸局

想定エリア

アッサム州、トリプラ州、シッキム州、ウェスト・ベンガル州、ウッタラカンド州、タミルナド州、ケララ州、高原地帯、ヒマーチャル・プラ

経営者
メディア制作
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
メガバンク系シンクタンク
広告代理店
マーケティング
外資系金融機関
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳