Next Market
該当数
1

安価で安定した地熱利用の電力開発

ソロモン諸島

現在ソロモン国では輸入した石油によるディーゼル発電を主電源としている事情のため、65 セント/kWh と近隣諸国中で最も高い電気料金となっている。鉱山エネルギー地方電化省は、100%の再生可能エネルギーの導入を2050 年までに達成する目標を掲げ、国内への経済的な電力供給を目指しており、ガダルカナル島西部に有望地が確認されているが、現在いずれも開発されていない。 再生可能エネルギー導入目標を達成するため、安価で安定した地熱利用の電力開発は同国にとって重要の課題である。機材価格が小さく、比較的低温での発電可能なバイナリー地熱発電技術が必要とされている。なお、電力開発にあわせ、温水利用施設等の設置など、総合地熱開発がより望ましい。 ガダルカナル島住民半数の約 7 万人が配電対象 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・機材価格が小さく、比較的低温での発電可能なバイナリー地熱発電技術
想定される技術・製品
関係機関

鉱 山・エネルギー・地方電化省、ガダルカナル省政府、Solomon Power (ソロモン電力公社)

想定エリア

ガダルカナル島西部

越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
広告代理店
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務