Next Market
該当数
1

バイオマス燃料を有効活用して森林伐採を抑制させたい

エチオピア連邦民主共和国

【課題】 ・エチオピアでは調理用のエネルギー源として、そのぼぼ全てがバイオマスに由来しており、 大量の薪炭消費が森林伐採を招いている。そのため、森林保全に向けては、①木材の効率的 な利用、及び②代替燃料の開発が必要である。 ・ 木材は薪、或いは木炭として最終的に消費されるが、エチオピアではフセ焼きと呼ばれる非 常に効率が悪い方法で木炭が製造されており、炭として消費される木材量が全体に占める割 合は大きくなっている(約 27%)。そのため、フセ焼きに代わる、高効率・低価格・使いやす さの三点を満たす技術が必要とされている。 ・高効率調理ストーブの重要性は認識されており、エチオピア政府・国際機関・NGO の取組によって現地普及は着実に進んでいる。今後はガス化ストーブ、さらにはエタノールストーブ 等の新しい技術の普及が望まれている。 ・エチオピアではコーヒー粕、オガ屑、Prosopis など、多種の未利用バイオマスが賦存してお る。これら未利用バイオマスをブリケット・ペレット等の固形燃料に転換し、薪炭の代替燃 料として有効活用するポテンシャルが存在するものの、その開発は未だ限定的である。 ・一方で、未利用バイオマスをブリケットや炭などに転換し、薪炭の代替として有効活用する 民間企業が少数ではあるが、現れてきている。これらの民間企業は何れも事業初期段階にあ り、今後の成長に向け、技術移転及びファイナンス支援を期待している。 【課題の現状】 ・調理用の薪炭採取を目的とした森林破壊 ・森林破壊の約半分が薪炭採取に由来 ・不法伐採や炭の非効率的な製造 ・炭製造が材木消費の大きな割合を占めており、効率的な炭製造 方法を普及させる必要がある ・非効率な調理ストーブの使用 ・GTPではターゲットをほぼ達成し、今後はガス化ストーブ、エタ ノールストーブなどの普及を計画している 【解決策となる日本中小企業の製品・技術ニーズ】 ・高効率調理ストーブ ・現在、ドイツなどの支援を受け、現地製造者等による高効率調理 ストーブの現地製造が行われている • 炭化装置 ・ 現地で使用されているものよりも高効率な炭化装置のニーズ有り
関係機関

エネルギー省、環境省

想定エリア

越境ECコンサルタント
NPO法人 代表
広告代理店
経営者
医療系NGO
マーケティング
開発コンサルタント(中小企業診断士)
英語 翻訳・通訳