Next Market
該当数
10

栄養強化食品を取り入れて栄養不良を改善したい

ナイジェリア連邦共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・First 1000 days1を意識した栄養教育・栄養摂取を推進する製品・ ノウハウ ・完全母乳育児・適切な母乳補完食を推進する製品・ 技術 ・貧血の改善に貢献する技術・製品 ・栄養強化食品及びその製造技術
関係機関

保健省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁、農業省(畜産、水産含む)、教育省

想定エリア

ナイジェリア全土

経営者
マーケティング
起業家
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
広告代理店
フリーランス(語学講師)

栄養強化食品を取り入れて栄養不良を改善したい

ブルキナファソ

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・First 1000 days1を意識した栄養教育・栄養摂取を推進する製品・ ノウハウ ・完全母乳育児・適切な母乳補完食を推進する製品・ 技術 ・貧血の改善に貢献する技術・製品 ・栄養強化食品及びその製造技術
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

ブルキナファソ全土

英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
起業家
広告代理店
マーケティング
フリーランス(語学講師)
越境ECコンサルタント

農産品のバリューチェーンを意識した農業開発を行い、輸出競争力を高めたい

キルギス共和国

農・畜産業は就労人口の 26%及び GDP の 12%を占めるキルギス にとって重要な産業であり、貧困削減・社会の安定にとって不可 欠なものと位置付けられている。 2015 年、キルギスのユーラシア経済同盟(EAEU)加盟に伴い、 EAEU 市場を念頭にした農産物の付加価値を高める農畜産物加工業の育成、特に農産品のバリューチェーンを意識した農業開発を行い、輸出競争力を高める必要がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・農畜産品化加工技術及び資機材 ・農畜産品の流通、保管にかかる各種資機材/ノウハウ/技術
関係機関

キルギス農業・食品産業・土地改良省

想定エリア

越境ECコンサルタント
経営者
マーケティング
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
経営者

栄養強化食品を取り入れて栄養不良を改善したい

エチオピア連邦民主共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・First 1000 days1を意識した栄養教育・栄養摂取を推進する製品・ ノウハウ ・完全母乳育児・適切な母乳補完食を推進する製品・ 技術 ・貧血の改善に貢献する技術・製品 ・栄養強化食品及びその製造技術
関係機関

保健省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁、農業省(畜産、水産含む)、教育省

想定エリア

エチオピア全土

越境ECコンサルタント
医療系NGO
英語 翻訳・通訳
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
開発コンサルタント(中小企業診断士)
経営者
広告代理店
NPO法人 代表

キャッサバ収穫を機械化したい

ナイジェリア連邦共和国

ナイジェリアは生産面積で世界全体の2割弱 を占めるキャッサバ生産大国である(FAOSTAT)。ナ国政府もキ ャッサバを重点作物の一つに挙げ、生産振興に取り組んでいる。 しかしながら、作業の機械化が遅れており、収穫は手作業で行な われているため、生産性が低い。 一方、近年、ナイジェリアでは幾つかの州の農業事務所や民間の業者が主 に中型のトラクターを利用して有料で農家の畑を耕作するサービ ス(賃耕サービス)を始めており、今後多くの業者がこのサービ スに参入するものと予測されている。 このため、賃耕業者のトラクターに装着したキャッサバハーベ スターを利用した機械収穫の促進が望まれている。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・キャッサバ収穫の機械化促進に資する製品及びノウハウ(日本の農業機械業者が開発したトラクター、トラクターへのアタッチメント等の技術が応用可能)
関係機関

農業農村開発省(FMARD)、国立農業機械化センター(NCAM)、国際熱帯農業研究所(IITA)

想定エリア

ナイジェリア全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
起業家
マーケティング
英語 翻訳・通訳
経営者
越境ECコンサルタント
フリーランス(語学講師)

安心・安全な農産物生産・加工・流通を実現したい

スリランカ民主社会主義共和国

スリランカは 2009 年の内戦終結以降比較的堅調な経済成長を遂げているが、 依然として総人口の 4.1%が貧困ライン以下の生活を送っており、 そのうちの 92.0%にあたる約 77 万人が農村開発部またはエステ ート(大規模農園)に居住している。スリランカの農業セクター の GDP に占める割合は 7.6%となっており、この割合は年々減少 傾向にあるが、全就労人口の 26%は農業に従事しており、その農地は国土面積の 65.1%を占めていることから、農業・農村開発は 同国の均衡のとれた社会経済発展及び貧困削減に不可欠である。 特に北部・東部地域を中心とした乾燥地域における農業生産性・ 収益性の向上により都市部を中心とした消費地への食糧供給の安定化・食糧輸入の削減が期待される。また、スリランカ政府は国 際市場の中で競争性のある農産物の輸出を促進していることから、将来的に農業の多角化、商業化に向けた開発ニーズが増大していくことが見込まれる。 こうした状況を踏まえ、食の安全・品質向上は、今後のスリランカ農業の取り組みを考える上で重要な観点である。特に、慢性腎臓病の流行や都市部の富裕層における健康志向を受け、「食の安全」への関心が高まっている。近年では農薬・化学肥料 の多投入や残留農薬に関する問題がメディアで注目されており、 安心・安全な農産物生産・加工・流通が課題となっている。 なお、JICA は 2015 年から 2018 年にかけて国家計画局(National Planning Department)に農業アドバイザーを派遣し、スリランカ 国内における農業生産工程管理(GAP)に関する技術的支援を実 施し GAP 促進に必要な課題を特定した。また、農薬・化学肥料の 適正利用に向けた技術支援の要請を受けており、圃場レベルでの 安全性向上への支援を検討している。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・安心・安全な農産物生産・加工・流通に関するノウハウ ・農産物(園芸作物、パイナップル・マンゴー等を含む果樹、 シナモン・ペッパー・カルダモン等を含むスパイス・茶)、 加工食品輸出振興に寄与するための「食の安全」向上に関す るノウハウ
関係機関

農業・地方経済・畜産開発・灌漑・漁業・水産資源開発省、Ministry

想定エリア

スリランカ全土

越境ECコンサルタント
広告代理店
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
マーケティング

付加価値をつけた近代的農業を確立したい

ラオス人民民主共和国

ラオス政府は、農業政策の柱である食糧安全保障及び商品作物生産の振興のため、灌漑農業を振興し、関連施設(取水施設、ポン プ灌漑施設、幹線水路等)の整備を進めている。 ラオスの人口のうち農業に従事するものの割合は 7 割近くを占め ているが、近年は特に都市部において堅調な経済発展に伴い製造業やサービス業に従事するものが増えており、若者の農業離れが 進んでいる状況にある。 また、都市近郊の農家は農村部と同様に未だ自給的な農水産業を 営んでいるものが多く、生産は天候に大きく依存し、生産技術の 普及も十分行われておらず、品質、生産性共に低い。また農民組織の構築・運営が不十分で、農村金融や市場情報などへのアクセ スも限られており、市場志向型の農水産業の発展に向けて大きな障害となっている。このため、急速に発展しつつある都市近郊の農水産業を振興するため、生産から販売までを見越した、付加価値をつけた近代的農業の確立が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・生産から加工・販売(輸出含む)までを管理するフードバリューチェーン構築のための技術・ノウハウ ・農産物のブランディング、マーケティング、プロモーションに係る技術・ノウハウ ・灌漑施設の有効利用に関する技術・ノウハウ ・農業機械化・圃場整備に関する技術・ノウハウ ・内水面養殖技術に関する技術・ノウハウ
関係機関

農林省灌漑局、農林省畜水産局、ビエンチャン市農林局

想定エリア

ビエンチャン市

コンサルタント
コンサルタント
バイヤー
マーケティング
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
多言語PRツール制作
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
アセアン自動車コンサルタント

栄養強化食品を取り入れて栄養不良を改善したい

マラウイ共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・First 1000 days1を意識した栄養教育・栄養摂取を推進する製品・ ノウハウ ・完全母乳育児・適切な母乳補完食を推進する製品・ 技術 ・貧血の改善に貢献する技術・製品 ・栄養強化食品及びその製造技術
関係機関

保健省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁、農業省(畜産、水産含む)、教育省

想定エリア

越境ECコンサルタント
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
経営者
英語 翻訳・通訳
コンサルタント

野菜や果物の栽培・流通・販売に関する技術・ノウハウの導入

タンザニア連邦共和国

タンザニアにおいて、農業セクターは就労機会の約 7 割を提供 し、GDP の約 4 分の1、輸出額の約 3 割を占める重要分野である。 アフリカの中でも広い耕作地、比較的豊富な水資源、年間を通し た日照があり、農業生産ポテンシャルは大きい。また、多様な農業生態系を有することから、国内で様々な生育特性を持った作物 の栽培が可能である。 野菜・果物といった園芸作物の栽培は、冷涼な気候の Arusha 州等北部地域、あるいは Morogoro 州・Iringa 州などの中・南部地 域で盛んである。昨今、官民様々な組織がこれら地域を中心に園 芸作物栽培を支援し、品質も向上しつつある。 しかしながら、依然として品種、栽培技術、流通、販売いずれ の面にも改善の余地が多く残されており、販売先・時期を見据え、 適切な資材を用いて栽培管理を行うことで、収益が向上する可能 性は高い。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・野菜・果物の栽培・流通・販売に関する技術・ノウハウ ・具体的には、新品種の導入、栽培技術の改善およびそれに必要な農業資材の導入、流通・販売の改善およびそれに必要な資材・機器の導入
関係機関

農業省(MOA)、種子認証機関(TOSCI)

想定エリア

タンザニア全土

広告代理店
NPO法人 代表
経営者
医療系NGO
マーケティング
開発コンサルタント(中小企業診断士)
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳

農産物の付加価値を向上させて農業を多様化したい

マラウイ共和国

農業はマラウイの国内総生産(GDP)の約 28%、外貨収入の 80% 以上を占める基幹産業である。総労働人口の約 80%が農業セクタ ーに従事しているが、天水に依存した農業に従事しており、灌漑開発も進んでおらず農業生産性は低い。農業従事者の大部分を占 める小規模農家は、市場に対応した生産活動を行えておらず、そ の販売交渉力は極めて低いことから、依然低所得に留まっている。 マラウイにおける農業の産業化促進は、重点分野の一つとして掲 げられており、小規模農家の市場アクセス改善、農民組合の組織力強化、ビジネスマインドの醸成や一村一品への協力アセットを活かした農産物の付加価値向上を含む農業の多様化が、マラウイ における喫緊の課題である。 マラウイ産業省内の一村一品(OVOP)事務局については今後も、OVOP の普及員や地方の指導・普及員の育成を行っていく予定(OVOP 事務局は、付加価値局といった名前に最近変更)。OVOP事務局からマーケティング、販売、プロモーション等ビジネス部分を切り離したマルソユニオンが民間企業として設立されている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・高付加価値農作物の生産にかかるノウハウ ・品質管理及び供給・販売体制(グループ経営)にかかるノウハウ
関係機関

農業・灌漑・水開発省、産業省(一村一品)

想定エリア

マラウイ全土

経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
コンサルタント
広告代理店