Next Market
該当数
3

省エネ・再エネを導入して、拡大する電力需要に対応したい

トルコ共和国

トルコは、高い経済成長と人口増加により、電力需要が大きく拡大している。現在、電力構成の多くを占める火力発電は、石炭や天然ガス等 を外国からの輸入に大きく頼っており、経常収支の慢性的な赤字をもたらしている。トルコ政府は、再生可能エネルギーをはじめとした国内資源の活用による発電設備容量の拡大や省エネ・電力効率化の推進を電力セクター開発に係る基本方針に掲げている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・新規の電源・エネルギー源(再生可能エネルギーなど) ・省エネ技術全般 ・再生可能エネルギー導入に伴う、系統の安定化に資する技術等
関係機関

地方自治体、エネルギー天然資源省、発電公社、EUAS、送電公社、TEIAS、エネルギー市場規制庁、EMRA

想定エリア

トルコ全土

越境ECコンサルタント
経営者
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
駐在員の妻
英語 翻訳・通訳
広告代理店

漏水の改善や汚泥処理を通して上下水サービスを向上したい

トルコ共和国

トルコは、高い経済成長と人口増加により上下水サービスへの需要が拡大している。 都市部上水道普及率は 97%と比較的高いものの、近年の気候変動により安定した雨量が確保できなくなってきており、漏水率の改善(現在約 35%)は喫緊の課題となっている。 また、下水分野において、下水管の老朽化や管の詰まり等による下水処理効率の低下、また発生する汚泥は、埋立てや焼却が中心であり処理コストが増大している等の課題が存在する。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・無収水改善技術・ノウハウ ・アセットマネジメント ・汚泥処理技術 ・汚泥の有効利用に係る技術
関係機関

上下水道公社

想定エリア

トルコ全土

英語 翻訳・通訳
広告代理店
駐在員の妻
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
マーケティング

【地震対策】歴史的文化財・博物館を守る

トルコ共和国

トルコの観光収入を支える歴史的文化財・博物館等における防災対策がぜい弱。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・免震シート、免震装置(展示品の下に設置することで、震災時の転落や倒壊を防ぐ製品。その他博物館展示における免震補助製品)
関係機関

トルコ文化観光省文化財博物館局

想定エリア

トルコ全土、イスタンブール、地震リスクが高い地域

駐在員の妻
経営者
広告代理店
マーケティング
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務