Next Market
該当数
2

地方村落部のトイレ個室環境を改善したい

グアテマラ共和国

地方村落部における伝統的なトイレは、素掘りの穴にコンクリート製やプラスチック製等の便座(主に洋式)を配置し、簡易的な囲いで被っただけのものが殆どである。コンポストトイレや改良型喚起式トイレ(VIP トイレ)が導入されている集落も確認できるが、それらを含め多くのトイレでは便座の蓋やピットのフラップが無く、便槽内の臭気、ハエなどの衛生害虫を防ぐことが構造上困難である。このようなトイレ個室環境では、悪臭に悩まされるだけなく、糞便由来の疾患発生リスクが高まることや、不衛生な環境ではトイレそのものの利用が進まないことも懸念されるため、地方村落部のトイレ個室環境の改善は急務である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・臭い、虫の発生を抑制するトイレ上屋、便器・便座 ・現地のニーズに合わせて和式・洋式等、形成が容易なもので、且つメンテナンスが容易なもの ・少量の水で流すことができる、または水が不要なもの
想定される技術・製品
関係機関

SEGEPLAN(大統領府企画庁)、MARN(環境省)、INFOM-UNEPAR、MSPAS(保健省)、PROEDUSA(保健省保健プロモーション及び教育局)、DRPSA、COMUSAN(市開発協議会)、COCODE(コミュニティ開発審議会)

想定エリア

地方村落部

経営者
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
マーケティング
広告代理店

観光地のトイレを近代化したい

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタン政府は観光振興を国の戦略上、重要な取組と定め ており、ここ数年の間に、査証制度の緩和などを含む、具体的な 改革を矢継ぎ早に実行してきた。 この大規模な改革により、観光客数は急増している。一方、短期間に観光客が急増したものの、ハード・ソフトの観光インフラは 整備が十分に追いついておらず、課題がある。 観光地におけるトイレ・下水処理の問題も大きく、今後の観光客数の増加や観光地の多様化に際して、整備・改善のニーズは増大 することが予想される。 ■参考 人口約 3300 万人(中央アジア 5 か国計約 7300 万人、2018年) - ウズベキスタンにおける外国人訪問者数:2017 年 269 万人、2018 年 1 月~9 月 390 万人 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 主に観光地におけるバイオトイレ、節水トイレ、浄化槽などの技術を想定。以下のとおり都市型・遺跡型観光地と郊外の観光地があり、ウズベキスタンにおいては、どちらの観光地においても、 トイレの近代化が課題となっている。 - サマルカンド、ブハラ、ヒバなどの観光都市や都市内遺跡・ 観光地におけるトイレ近代化 - 地方部に点在するカラ(古城)や山、湖なのどの、郊外観光地における自然環境に配慮したトイレ近代化
想定される技術・製品
関係機関

地方自治体、文化省、Ministry、国家観光発展委員会、State

想定エリア

ウズベキスタン全土

英語 翻訳・通訳
マーケティング
広告代理店
経営者
越境ECコンサルタント
経営者