Next Market
該当数
2

節水灌漑技術を普及させて乾期の農業用水を確保したい

チュニジア共和国

チュニジアでは耕作可能地域の大部分が乾燥もしくは半乾燥地域であるため、天水に依存している農業地域では、 しばしば旱魃によって大きな被害に見舞われている。また、同国においては地表水及び地下水は限られており、特に乾期の農業用水の手当てが大きな課題である。 灌漑技術の普及において、北部・中部における灌漑技術の普及は広がりを見せているものの、引き続き需要は大き い。特に南部においては、灌漑技術の普及が途に就いたばかりであり、半乾燥地等の厳しい自然条件ゆえ、節水灌漑 技術が求められている。 チュニジアの南部は塩分濃度が比較的高い地域が広がっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 乾燥地または半乾燥地に適した灌漑技術、施肥技術、植栽技術。 特に節水灌漑技術(点滴灌漑関連製品等)、保水性・透水性機 能に優れた土壌改良材、効率的な植栽技術製品等。
関係機関

農業水産資源漁業省灌漑局

想定エリア

チュニジア全土

経営者
越境ECコンサルタント
広告代理店
マーケティング
英語 翻訳・通訳

貴重な地下水源を安定的に供給したい

チュニジア共和国

チュニジアは国土の年間平均降雨量が 500 ミリメートルと少な く、国土の半分が半乾燥気候条件下にある。また、水需要の約 3 分の 2 を地下水に依存しており、地下水源が貴重な水資源となっている。また、水の再利用等、増加する需要に見合った水を安定供給に向けた技術の導入が急務となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ユニット形式で拡張可能性が高く、中小規模のサイトで利用可能な高度下水処理施設技術。 ・中小規模のサイトで利用可能な地下水淡水化技術(膜処理技術(RO膜等)、省エネテクノロジー(エネルギー回収技術等))
関係機関

チュニジア下水整備公社、ONAS、水資源開発公社、SONEDE

想定エリア

チュニジア全土

英語 翻訳・通訳
広告代理店
経営者
マーケティング
越境ECコンサルタント