Next Market
該当数
2

工業廃水や生活排水を適切に処理して健康被害を食い止めたい

ボリビア多民族国

ボリビアの衛生施設へのアクセスは 57%(2016 年)となっているが、何らかの処 理をされている下水は 27%のみであり、下水が未処理のまま流域に放流されてお り、水環境汚染が年々深刻化している。また、汚染された水で農業・養殖漁業等が 実施されているため、農作物が抗生物質耐性を持った大腸菌やサルモネラ菌で汚染 されており、急性下痢性疾患等の健康被害が増加している。かかる状況を鑑み、ボ リビアの経済・社会条件に合った水の浄化・汚水(工業廃水、生活排水)処理技術・ 製品・ノウハウの導入や普及が急務となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・安価、低ランニングコスト、低メンテナンスコスト若しくはメンテナンスフリーの汚水(工業廃水や生活排水等)処理装置。 ・貯水池・湖沼・河川などの水域の浄化装置 ・養殖漁業の水質浄化装置
関係機関

環境水省、コチャバンバ県、セルカド市、アラライ湖回復保全委員会、キラコヨ市、サンタクルス県、サンタクルス市上下水道公社、モンテロ市上下水道公社、農村開発土地省、独立行政法人漁業・養殖機構、ティキーナ水産養殖センター

想定エリア

コチャバンバ県、ロチャ川、アラライ湖、コタパチ湖、アンゴスツラダム、ラグーン式下水処理施設、サンタクルス県、サンタクルス市、モンテロ市、ラパス県、ティティカカ湖

マーケター
広告代理店
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
営業
スタートアップコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
経営者

妊産婦と新生児の救急救命に必要な資機材を整備したい

ボリビア多民族国

ボリビア国の妊産婦死亡率・5 歳未満児死亡率・乳児死亡率は、改善されて きているものの、いずれも南米地域の中で最も高い死亡率となっている。サ ンタクルス県は 270 万人を超える人口を有するボリビア第二の県であり、 特にサンタクルス市では近年の人口増加・都市化に伴い、市郊外から 2 次病 院及びその上位の 3 次病院へ救急で搬送される出産時のリスクの高い母子 を含め重篤患者が増加しており、当該医療施設の救急部門において特に妊産 婦と新生児を対象とした救急救命に必要な資機材の整備ニーズが高い。 サンタクルス市では、1990 年代に JICA の支援で導入された公的救急医療サ ービスシステム(SISME)が、救急医療に係る患者紹介システム、患者搬送 (警察との連携含む)、人材育成等を担い、ボリビア国内で唯一機能してい る。さらに、1980 年代に我が国の無償資金協力で整備されたサンタクルス 日本病院は、県内のトップリファラル病院としてサービスを提供するだけで なく、近隣県もカバーする医療実習先の教育病院(卒前・卒後研修)として の役割も果たしている。このように、同市では過去の我が国の協力を通じて 強化された病院、保健医療システムが継続しており、日本の技術・製品への 信頼性が極めて高い。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・人工呼吸器(新生児・小児用)、体動センサ、救急用人工呼吸器、人工蘇生器、輸液ポンプなど救急医療用機器 ・分娩監視装置、胎児ドップラ、光線治療器、保育器など ICU/NICU 用機器
関係機関

保健省計画局、サンタクルス県保健局、サンタクルス市保健課、サンタクル、サンタクルス市

想定エリア

サンタクルス県、二次レベルの病院(5、三次レベルの病院(5

越境ECコンサルタント
マーケティング
経営者
広告代理店
マーケター
営業
英語 翻訳・通訳
スタートアップコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務