Next Market
該当数
1

廃棄物のバイオマス燃料化と同燃料による発電技術導入により、電力の多角化を進めたい

ボリビア多民族国

ボリビアは天然ガスによる火力発電への依存が約 70%と高く、 天然ガスの代替となる電源開発が喫緊の課題となっている。同国 は電力需要の増加に対応するために電力多角化を進める計画であ り、現在同国の電力構成のうち 1.4%を占める再生可能エネルギー (バイオマス、風力、水力、地熱)の割合を 4%にまで増加させ ることを目指している。 また廃棄物の適切な処理も同国の喫緊の課題であり、2015 年に は廃棄物処理法を制定、総括的な破棄物処理センター設置を進め る等、廃棄物の適切な処理・有効活用にも積極的に取り組む姿勢 を示している。 ボリビアにおける発電源は中央部に集中しており、地方部では グリッド電源に接続されていない地域も点在しているため、代替 電力開発のニーズが高い。ベニ県、パンド県はアマゾン地帯であ り、森林資源が豊富にあることから、これらの地域は特にバイオ マス燃料生産の高いポテンシャルを有する。 コチャバンバ県では JICA の廃棄物分野の研修に参加したボリ ビア人帰国研修生を主体に廃棄物によるコンポスト生産事業が行 われている。同県は廃棄物の有効活用法を模索中であり、廃棄物 のバイオマス燃料化に高い関心が示されている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・森林資源/廃棄物等のバイオマス燃料化及び同燃料による発電に 関する技術・製品等
想定される技術・製品
関係機関

エネルギー省、環境水省、コチャバンバ県、サカバ市役所、サカバ市清掃公社

想定エリア

ベニ県、パンド県、コチャバンバ県(サカバ市等)

経営者
スタートアップコンサルタント
越境ECコンサルタント
マーケター
営業
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
広告代理店