Next Market
該当数
2

ごみ分別施設への小規模機器の導入

アルゼンチン共和国

サルタ州では、ごみの分別は殆どないうえ、ごみは郊外の青天に何の処理もなく投棄されているところが殆どである。これにより地下水の汚染や季節による蠅、蚊などの発生が問題となっている。 適正にごみ処理できる最終処分場と分別によるごみ減量・資源化が課題となっている。人口の割に土地は広く、地方都市、市町村のごみの処理方式としては適正な最終処分場(排水処理付き)と分別による資源化施設が必要である。 サルタ州では、現在4プロジェクトが計画されている。これらは基本的に「最終処分場+同左施設の排水処理設備+ごみ分別施設」の同じ構成になると考える。これに管理施設として、管理棟やトラックスケール等が付属する。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・分別施設の破袋機、コンベヤ、磁選機、アルミ選別機、トロンメル、缶圧縮機、PET 圧縮機等の比較的小さな機器。最終処分処分場に於いて最も重要な遮水シートも特異な製品として、有効と思われる。 *施設一式(プラントの性能保証込み)の考えでなく、単体機器をFOB+SV(試運転要員派遣)が、リスクが少なくて済む。
関係機関

環境局、サルタ州

想定エリア

サルタ州、各市町村

スタートアップコンサルタント
営業
経営者
越境ECコンサルタント
マーケター
広告代理店
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング

ごみ減量・資源化により地下水汚染や蠅、蚊などの発生を防ぎたい

アルゼンチン共和国

サルタ州では、ごみの分別は殆どないうえ、ごみは郊外の青天に何の処理もなく投棄されているところが殆どである。これにより 地下水の汚染や季節による蠅、蚊などの発生が問題となっている。 適正にごみ処理できる最終処分場と分別によるごみ減量・資源化 が課題となっている。人口の割に土地は広く、地方都市、市町村 のごみの処理方式としては適正な最終処分場(排水処理付き)と 分別による資源化施設が必要である。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ サルタ州では、現在4プロジェクトが計画されている。これらは 基本的に「最終処分場+同左施設の排水処理設備+ごみ分別施設」 の同じ構成になると考える。これに管理施設として、管理棟や トラックスケール等が付属する。 想定される製品としては、分別施設の破袋機、コンベヤ、磁選機、 アルミ選別機、トロンメル、缶圧縮機、PET 圧縮機等の比較的小さな機器。最終処分処分場に於いて最も重要な遮水シートも特異 な製品として、有効と思われる。 施設一式(プラントの性能保証込み)の考えでなく、単体機器をFOB+SV(試運転要員派遣)が、リスクが少なくて済む。
関係機関

サルタ州政府内の環境局、各市町村による共同体、州政府、市町村の環境行政機関

想定エリア

サルタ州

経営者
広告代理店
越境ECコンサルタント
営業
マーケター
マーケティング
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
スタートアップコンサルタント