Next Market
該当数
1

慢性的な交通渋滞するための技術・製品

メキシコ合衆国

メキシコ市は慢性的な交通渋滞に悩まされており、2016 年の TomTom 調査では、信号を通過する平均時間が非渋滞時の通過時間よりも 66%増 と示している(午前ピーク時 96%増、午後ピーク時 101%増)。また、 2017 年の INRIX 調査によるとメキシコ市の自動車通勤の週平均時間は、 58 時間と示され、世界 1,360 都市中ワースト 16 位となっている。 メキシコ市は対策として、地下鉄やメトロバス等の公共交通機関、シェ ア自転車等の代替交通手段の拡充を図っているが大きな成果は現れてい ない。 メキシコ国内の他主要都市でも交通渋滞が深刻化しており、INRIX 調査 によると自動車通勤の週平均時間は、グアダラハラ市 32 時間、モンテレ イ市 30 時間、トューラ市 28 時間、グアナファト市 27 時間、プエブラ市 25 時間、ケレタロ市 23 時間とされ、以上より、当国主要都市における交 通渋滞緩和に資する技術・製品の導入が求められている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高度交通信号制御システム ・交通渋滞を緩和する技術・製品
関係機関

メキシコ運輸研究所、メキシコ市交通省、Secretaría、Instituto

想定エリア

メキシコ市、ハリスコ州グアダラハラ市、ヌエボ・レオン州モンテレイ市、イダルゴ州トューラ市、グアナファト州グアナファト市、プエブラ州プエ、ケレタロ州ケレタロ市

マーケティング
経営者
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
英語 翻訳・通訳