Next Market
該当数
4

栄養強化食品を取り入れて栄養不良を改善したい

ガーナ共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・First 1000 days1を意識した栄養教育・栄養摂取を推進する製品・ ノウハウ ・完全母乳育児・適切な母乳補完食を推進する製品・ 技術 ・貧血の改善に貢献する技術・製品 ・栄養強化食品及びその製造技術
関係機関

保健省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁、農業省(畜産、水産含む)、教育省

想定エリア

ガーナ全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
フリーランス(語学講師)
広告代理店
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
起業家
経営者

高栄養価作物の栽培技術や食品加工技術などを導入して栄養不良を改善したい

ガーナ共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高栄養価作物の栽培技術(大豆等の豆類、葉菜・果菜・果実類等) ・小規模な動物性蛋白質生産技術(養鶏等の畜産・内水面養殖等の 水産技術) ・魚食普及に係るノウハウ ・簡易な食品加工およびポストハーベスト技術(伝統食品を活用した加工食品、乾燥・ 燻製技術、発酵技術等) ・簡易な流通ノウハウ・地方部でも導 入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な 冷蔵庫・冷凍車) ・多品目摂取に向けた啓発に活用可能な製品・ ノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

ガーナ全土

広告代理店
マーケティング
フリーランス(語学講師)
英語 翻訳・通訳
起業家
越境ECコンサルタント
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

農業の機械化を促進したい

ガーナ共和国

■農業機械化促進 農業分野はガーナ国(以下ガ国)の GDP の約 3 割を占め、経済成長を牽引する重要な産業である。しかしながら、主要作物のヘ クタールあたりの平均収量は低く、生産性向上、耕地面積の拡大が望まれる。農業機械化の促進は、作物生産性向上と労働省力化 の見地から、農業セクター開発に大きく貢献すると考えられる。 食料農業省は、2008 年に農業セクターの活性化に向け、6 つの開発目標を有する食料農業セクター開発政策(FASDEPⅡ)を策定 した。農業機械化については以下 4 つの課題が指摘されている。 (1) 適正な農業機械、機材、機械化サービスへのアクセスが限ら れており、農業機械化レベルが低い (2) 高価格な農業機械と機材 (3) 農業機械化のための人材の不足 (4) 収穫後における貯蔵、加工、輸送等のインフラ不足 ■収穫後処理機械 ガ国における主要作物の一つであるコメは、市場性を高めるため に精米の品質改善が重大な課題となっている。基本的な精白米の 品質を確保するために、石の混入や砕米を少なくすることが求め られている。 ブラジル政府の借款支援により、ブラジル製のトラクターや耕耘機が数百台規模でガーナに輸入される予定である。当該分野への進出を検討する場合、市場動向に注意する必要有り。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・精米機、石抜き機等の収穫後処理機械 ・トラクターや耕耘機等のメンテナンス技術
関係機関

食糧農業省(MOFA)、農業機械サービス局(AESD)

想定エリア

ガーナ全土

起業家
フリーランス(語学講師)
英語 翻訳・通訳
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
広告代理店
越境ECコンサルタント

食育・栄養教育・衛生教育を推進して栄養不良を改善したい

ガーナ共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACHのような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベルでの活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・食育・栄養教育・衛生教育等を推進する製品・ノウハウ ・学校給食のノウハウ
関係機関

農業省、保健省、教育省、水・衛生関連省庁

想定エリア

ガーナ全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
フリーランス(語学講師)
越境ECコンサルタント
広告代理店
起業家
経営者
英語 翻訳・通訳