Next Market
該当数
1

竹粉を活用して飼料不足や土壌劣化問題を解決しつつ、現地BOP層の雇用や収入向上につなげたい

エチオピア連邦民主共和国

エチオピアの農畜産業においては、家畜の飼料不足や農薬・化学肥料による土壌劣化の深刻化に直面している。これに対し、竹は種類 によって幹の部分に乳酸菌が豊富に含まれており、粉末化することにより栄養豊富な飼料や土壌 改良材として活用できるため、同国のニーズと合致する可能性が高い。日本では竹粉製造技術の 研究開発が他国より進んでおり、性能や操作性において優位的であることから、産業育成を通じ てエチオピアに移転する技術として適している。 また、エチオピアでは竹粉製造技術や竹粉の飼料化・肥料化技術が確立されておらず、竹粉の飼料化・肥料化技術においては竹の成分によって添加する原料やその原料の配合量が異なってくる。このことから、 現地環境に適した機械類の仕様・資材、現地農畜産業に適した竹粉飼料化・肥料化技術の原料・配合量を明確化した上で、技術移転を行いたい。 ■活用が想定できる技術・ノウハウ ・竹粉製造技術 ・竹粉の飼料化・肥料化技術
関係機関

オロミア森、Jimma、Horn、環境森林保護省、森林研究所

想定エリア

マーケティング
英語 翻訳・通訳
開発コンサルタント(中小企業診断士)
越境ECコンサルタント
医療系NGO
NPO法人 代表
経営者
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務